登山アプリ「YAMAP」が、200万ダウンロードを突破しました

プレスリリース

国内登山人口の約3割、4人に1人以上に選ばれるサービスに成長

株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)の登山アプリ「YAMAP」は、2020年9月23日(水)に200万ダウンロード※1を突破いたしました。
※1 App Store・Google Playのダウンロード数を合算。

■ 国内トップシェアの登山地図アプリ
2013年3月に提供を開始した「YAMAP」は、スマートフォンに搭載されている全地球測位システム(GPS)と、オリジナルの地図をマッピングすることで、電波の届かない山の中でも自分の現在地と行き先がわかるアプリケーションサービスです。高価格な登山用GPSがなくとも「山での遭難」「道迷いの事故」を防ぐことができる、安心・安全な登山・アウトドア活動を支えるサービスとして、登山者間での信頼・評判とともに広がり、成長してまいりました。200万ダウンロードは、国内登山人口(680万人※2)の約3割、4人に1人以上の利活用に相当するもので、登山アプリとして国内トップシェアを誇ります。
※2 出典:レジャー白書

■ 遭難防止、登山メディア、交流SNSとしても急成長
近年では、企業・自治体との協働施策も多数展開し、これからの登山文化をつくるメディアとして2019年11月にスタートした「YAMAP MAGAZINE」も月間140万PVに伸長。2019年7月には、登山者の位置情報を家族や友人と共有できる「みまもり機能」、2020年8月には山に登れなくても交流を図れる「モーメント機能」をリリースするなど、アプリ内の新機能も充実しています。「みまもり機能」は、登山者の人命救助に直接貢献した事例*も生まれており、「山のインフラサービス」としてYAMAPの役割が広がっています。
*「みまもり機能」の救助活用事例
記事URL:https://note.yamap.com/n/n300242c890fa


■ ビッグデータ活用/登山者の歩いた軌跡から登山道を抽出
ヤマップでは、登山文化に根付く”共助”の思想に則り、ユーザーによる膨大なデータを分析・評価し、新たな価値を生み出すことでユーザーに還元していく。そんな開発思想を大切にしています。本年8月には、YAMAPユーザーの軌跡データから新たな登山ルートを抽出・地図に反映し、新しい登山道を提供する取り組みもスタートしています。
登山者の軌跡データから新規ルートを抽出!現代版・伊能忠敬プロジェクトが始動
記事URL:https://yamap.com/magazine/17260(YAMAP MAGAZINE内)

■ 関連事業も成長、より安心安全で楽しい登山・アウトドアをサポート
登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」や、1日単位で入れる「YAMAP登山保険」など、関連事業も前年比+200%以上のペースで急成長しています。
今後も、安心・安全な登山への貢献を第一に、登山前・登山後の体験をサポートする施策展開にも注力し、より安心・安全に登山・アウトドアが楽しめるサービスブランドとなるべく取り組んでまいります。

【YAMAPについて】
電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流することもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
URL:​https://yamap.com/

【株式会社ヤマップ 会社概要】
会社名  株式会社ヤマップ
本社所在地  福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
資本金  13億7325万円(資本準備金を含む)
事業概要
 1. 登山・アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の運営
 2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
 3. これからの登山文化をつくるメディア「YAMAP MAGAZINE」の運営
 4. 1日単位で入れる登山保険「YAMAP登山保険」の販売 等
URL:https://corporate.yamap.co.jp/