1本の標識が「道迷い」をゼロに 〜 ビッグデータが導く遭難課題の解決 〜

プレスリリース

登山地図GPSアプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役CEO 春山慶彦、以下ヤマップ)は、昨年(2021年8月)「日本一道迷いしやすい登山道」として、日本全国5箇所の登山道を抽出・発表しました。このうち、道迷い多発地点に標識が設置された、神奈川県の2事例についてデータを検証したところ、大界木山(だいかいぎやま)で、道迷いがゼロになったことをご報告いたします。

背景

密を避けるレジャーとして人気の登山ですが、近年、山岳遭難は年間3,000人前後で推移。また、遭難難原因の1位は「道迷い」で、遭難者全体の4割以上を占めるなど、遭難防止のためには道迷い対策が急務となっています。

安全登山を推進するヤマップは、登山地図GPSアプリYAMAPに投稿された「『迷いやすい』タグ付き投稿(フィールドメモ)」と登山者の軌跡データを分析。そのうち、日本の登山道において特に「迷いやすい」地点5箇所を制定し、2021年8月に発表いたしました。

https://corporate.yamap.co.jp/news/archive/2021-08-06/

 

ヤマップの働きかけもあり、神奈川県に位置する「道迷い」多発地点の2箇所に標識が設置されました。その後「道迷い」の変化をご報告いたします。

事例①:道迷いがゼロに 大界木山(だいかいぎやま)/神奈川・山梨

神奈川県と山梨県の県境に位置する、西丹沢の大界木山〜浦安峠です。尾根づたいに道がありますが、「右」に曲がるルートが正しい登山道です。

通った人の数を色で識別するデータでは、かなりの人が道を間違えています。【緑:人数が少ない、赤:多い】

ヤマップの働きかけもあり、2021年9月に道案内を示す標識が1本設置されました。

案内標識設置後、道を間違える人はゼロになっています。

事例②:道迷いが減少 櫟山(くぬぎやま)/神奈川

神奈川県の丹沢山、櫟山〜栗ノ木洞に位置する登山道です。左右に登山道がありますが、正しい登山道は「左」です。

一定の人が、間違えた登山道を進んでいます。

2021年12月、「迷いやすい」地点に案内標識が設置されました。

案内標識設置後は、道を間違える人が減少しています。なお、標識が木に張りつけて設置されているため、標識を見落として間違った道を進んでいる人も一定数いるよういますが、さらにその先に進むと通行禁止を示すロープが張られており、そこで気づいて元の道に戻る方が多いようです。

各山の管理者や自治体においては、数多くの登山道の中から、整備が必要な地点を選定することは困難を極めます。ヤマップは登山者のビックデータを分析した上で、道迷いリスクの高い場所ををピンポイントで抽出。さらにこの情報を管理者や自治体などと連携することで、無駄のない登山道整備につなげることができます。このような取り組みを重ねることで、ヤマップは「道迷い遭難をゼロ」にしたいと考えています。

「日本一道迷いしやすい登山道2022年版」も来月(2022年7月)に発表を予定しています。

※ 出典)警察庁「令和2年における山岳遭難の概況」https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/chiiki/R02sangakusounan_gaikyou.pdf

 

『迷いやすい』タグ付き投稿(フィールドメモ)について

登山活動中の危険な箇所やおすすめのスポットなど、現地のリアルな情報を『地図上』に投稿・表示できる「フィールドメモ」機能。投稿された情報は他の登山者も見ることができるので、次にその登山道を通る人の役に立ちます。

(左)フィールドメモ投稿初期画面、(真中)フィールドメモ投稿詳細画面、(右)登山地図に反映されたフィールドメモ

このような「フィールドメモ」のうち、今回は「迷いやすい」タグを付けて投稿されたものを抽出し、データを分析しています。

YAMAPについて

電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
2022年5月に累計310万ダウンロードを突破。
URL:​https://yamap.com/

株式会社ヤマップ 会社概要

会社名 株式会社ヤマップ
本社所在地 福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
資本金(資本準備金含む) 1億円
事業概要
 1. 登山・アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の運営
 2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
 3. これからの登山文化をつくるメディア「YAMAP MAGAZINE」の運営
 4. スマホから申し込める登山保険「YAMAP登山保険」の販売
 5. 山・自然を活用したコンテンツ開発・コンサルティング・プロモーション 等
URL:https://corporate.yamap.co.jp/