KDDI ∞ Laboが推進する「次世代プログラム」に、ヤマップが採択されました

プレスリリース

登山アウトドア向けアプリ・WEBサービス「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役:春山慶彦、以下ヤマップ)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)が進める事業共創プラットフォーム「KDDI ∞ Labo」において、5G時代の新たな事業の共創を目的とした「次世代プログラム」に採択されました。

<以下、KDDIのプレスリリース(2018年9月5日)を転載>

「KDDI DIGITAL GATE」と連携し、5G、IoT時代のビジネス共創を推進

KDDIは、KDDI ∞ Laboにおいて、5G時代の新たな事業の共創を目的とした「次世代プログラム」を2018年9月5日より開始します。また、同日よりKDDI ∞ Laboは、これまでの渋谷ヒカリエから、5G、IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」(東京・虎ノ門) に移設します。

今回、「次世代プログラム」は、5チームで始動します。あわせて、事業共創を見据えたパートナー連合にイオンリテール株式会社 (本社: 千葉県千葉市、代表取締役社長: 岡崎 双一)、サントリーホールディングス株式会社 (本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長: 新浪 剛史)、東日本旅客鉄道株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 深澤 祐二)が新たに加わり、計35社の体制でスタートアップ企業を支援していきます。
また、参加チームに対し、「KDDI DIGITAL GATE」の5G実証実験環境および、KDDIグループによる技術的なサポートを提供することで、次世代技術を活用したビジネス共創を推進していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、スタートアップ企業やパートナー企業との事業共創への取り組みを通じて、5G時代における新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

■「次世代プログラム」開始について

  • (1)
    「次世代プログラム」の概要
    スタートアップ企業とともに、KDDI ∞ Laboに賛同するパートナー企業のアセットやノウハウを活用しながら新たな事業共創を目指す「事業共創プラットフォーム」(2017年8月開始) において、5G活用に特化した「XR」「ロボティクス」「ドローン」「IoT」「ビッグデータ/AI/ブロックチェーン」に関するサービスやプロダクトを対象としたプログラム。
  • (2)
    採択チーム
    社名代表者事業概要パートナー企業
    株式会社アラヤ金井 良太深層学習・機械学習のアルゴリズム開発、及びアルゴリズムを応用したシステム開発KDDI株式会社
    株式会社Synamon武樋 恒VR、AR、MR関連製品、コンテンツの企画、開発、運営KDDI株式会社
    Telexistence株式会社富岡 仁テレイグジスタンス技術を活用したロボティクス・AIの開発とサービス提供KDDI株式会社
    J.フロント リテイリング株式会社
    株式会社電通
    株式会社Momo大津 真人IoT汎用プラットフォーム「Palette IoT」の開発・提供全国農業協同組合連合会
    株式会社ヤマップ春山 慶彦登山アウトドア向けWEBサービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」開発・運営KDDI株式会社
    KNT-CTホールディングス株式会社
  • (3)
    パートナー連合新規参画企業
    • イオンリテール株式会社
    • サントリーホールディングス株式会社
    • 東日本旅客鉄道株式会社


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。