YAMAPを通して実現したい3つのこと

ハード。タフ。こわい。山登りには、長い間、
かたいイメージがつきまとってきました。
一部の求道者たちが目指すもの。特別な道具。閉ざされた世界。
テクノロジーが生活をどんどん「便利」にする一方で、
山は、人の生活から遠く離れてしまったと感じます。

YAMAPは考えます。
そろそろ、テクノロジーは、人と山を遠ざけるのではなく、
近づけるために使われるべきだと。

高い山を目指さなくてもいい。頂上を極めなくてもいい。
自分らしいやり方で、野山に触れて、感じて、伝えあってみる。
そうすれば、街では感じることのない、驚きや、楽しさや、畏れといった
豊かな感情に、必ず出会えるはず。

私たちがつくりたいのは、あたらしい山の文化です。
だれもが、その人らしく、好きだと感じられる
山と人の関係を、みなさんといっしょに育てていきたい。
そのために、YAMAPは存在しています。

春山慶彦

株式会社YAMAP
代表取締役

春山 慶彦

YAMAPを通して実現したい3つのこと
  1. 1. 21世紀以降の人類にとって、最高にクール!な遊びとなるよう、
    登山・アウトドアを成熟させる。
  2. 2. 情報技術を駆使し、安心安全に登山・アウトドアが楽しめる仕組みをつくる。
  3. 3. 登山・アウトドアを通して地域経済に貢献し、人類の健康寿命延伸にも寄与する。